親と親戚を敵に回してでも大学に進学せよ

継母の「イジメ」に負けてはいけない

親は高校を出て働くように言いますが、私は大学に行きたいです(写真:KAORU/PIXTA)

前回は:悩む前に子供のため馬車馬のごとく働こう!

前々回は:虐待が原因で別居、今後やるべきことは?

【読者からの相談】

私は高校1年生の女子です。親は高校を出て働くように言いますが、私は大学に行きたいです。父は私が幼稚園のときに、今の継母と再婚しました。父は継母に頭が上がらないらしく、家のことは財布も何もかも、継母が実権を握っています。継母はいつも不機嫌な人で、笑っているのを見たことがありません。いつもふくれっ面で、朝から晩までドアをバシャンと閉めたりモノを放り投げたりするので、家中がいつも戦争前夜のようにギスギスしています。
私たちに会話はほとんどなく、何か必要な件で話しても、無視されるのはいいほうで、言葉じりをとらえて激昂されることもしばしばです。家事はほとんど私の分担ですが、継母は私たちの存在そのものが不機嫌のタネのようです。偶然見たのですが、両親だけでいるときは笑ったりもしているようで、2人で温泉旅行などにもよく行きます。父は仕事では真面目で、経済的に困っている家庭ではありません。
何もかもお義母さんに相談しなさいと言うだけの父とは、うまく会話ができない間柄です。そして父は私の立場を見て見ぬ振りなのか気づかないのか、無関心です。継母は「お父さんが言っている」という言葉をよく使い、私たちを抑さえつけてきました。今では父と子の間も、継母が意図的に遮断したのではないかと思うほどです。兄もいつもいらだって、私によく八つ当たりしていました。家中が敵だらけで安住の場所ではなく、友だちの仲の良い家族の話を聞いていると、とても絶望的な気分になります。
兄は高校を卒業し、家を出ました。何年も連絡がありません。当然、継母は私も高校を出て働くと思っています。私は成績は普通ですが、大学に行きたいのです。でも、継母が怖くて言い出せずにいます。運よく大学に行けたとしても、「針のむしろ」のこの家にこれからもいなければならないことを意味し、私の精神が持つか不安です。しかも、大学へ行きたいと思うのは元気なときだけで、つねに将来の出口がみえない絶望の淵にいます。私の取るべき道を教えてください。
川上(仮名)
次ページパンプキンのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT