激しく扉を叩いて…夜中「紫式部」訪れた男の正体 「布一枚残して消えた」空蝉と紫式部の共通点

拡大
縮小
紫式部
(イラスト:ならネコ/PIXTA)

事実は小説より奇なりという有名な言葉がある。

それはバイロンというイギリスの詩人の作品、「ドン・ジュアン」の中に登場する一節から生まれた表現だそうだ。確かに、世の中に起きている出来事は、人間の想像を度々超えてしまう。そればかりか、小説家たる者は自らの体験や日々飛び交うニュースなど、身辺の珍事に対して敏感で、現実に基づいた、奇妙かつ面白いネタをつねに物語の中に忍ばせている。

紫式部本人に似ている「登場人物」は?

古典の王様とでもいうべき『源氏物語』もしょっちゅうリアルライフにインスピレーションを受けていると言われてきた。桐壺帝のモデルは醍醐天皇なのではないかとか、光源氏は、好色放蕩な美男・在原業平にまつわる武勇伝を基に創作されたとか。私たちですら、物語の向こうにある現実世界に興味津々だが、当時の事情を知っているだけに、同時代の読者にとってそれはさらにエキサイティングな読書体験だったに違いない。

そこで、やはり気になる。『源氏物語』のページを彩る数百人のキャストの中には、作者本人に似ている人物がいないか、と。

紫式部はすべての登場人物になりきって、彼女の心の声は幾度も和歌などから滲み出ているように感じる。しかし、人妻ゆえに愛を拒絶した女性・空蝉の巻を読んでいると特に、作者式部のことを思い合わせずにはいられない。

空蝉は光源氏を振った最初の(数少ない)女君だ。「NO」と言われた経験がほとんどない我らが源氏にとって、それは苦い記憶として深く脳裏に刻まれると同時に、物語における印象的なエピソードを作り上げている。そんな忘れがたき空蝉は、紫式部によく似ているのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT