日本の"あの食材"が「脳疲労」をとるのに超役立つ ムダ思考を減らし「脳を深く休ませる」簡単方法

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小

前記事【「集中できない人」が食事中"無意識"にしてること】でも紹介した、DMNの働きを抑え、マインドワンダリングにストップをかけるには、さまよう心を「今、この瞬間」に繋ぎとめてくれる瞑想が特効薬になるのです。

そして、ここからが肝心です。

なんだか頭がモヤモヤとして、思い浮かぶのはネガティブな考えばかり。

「行動しなくちゃ」とわかっていても、心と身体がついてこない。

そんな人に、まず実践していただきたいのがマインドフルネスの瞑想です。

ずぼらな人ほど、うまくいく瞑想

一般的に、瞑想というと「作法が決まっているもの、ストイックなもの」というイメージがあるかと思います。

でも、禅の修行者でないなら、そんなことを気にする必要はまったくありません。

むしろ 「〜しないといけない」という思い込みが強いと、「今、この瞬間」に意識を集中する邪魔になります。

ずばり、瞑想は「頑張らない」ほどうまくいく。

これまで真面目に頑張ってきた人ほど「時間がない」「続けたくても、続けられない」といって悩むのですが、それもまた、思い込みです。

「なんとなく気持ちいいな」と感じられる瞬間を日常に増やせたら、ずぼら瞑想としては満点です。

ずぼら瞑想は、ずぼらな人でも続けられる瞑想です。

しかし同時に、真面目すぎる人たちが、もっと肩の力を抜くための瞑想でもあるのです。

ぜひお試しください。

なかには「こんなものが瞑想になるの?」と驚くようなものも、あると思います。

例えば、家事です。

家事は、ずぼら瞑想の宝庫です。

お掃除も、靴磨きも、洗濯も、普段は特別に意識を向けることなく済ませている人が多いはず。

でも、たまには「心を込めて」やってみる。

それだけで立派な瞑想になります。

次ページかきまぜる動作で「いま」を感じる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT