英アスコット競馬場で日英の差を考えた

競馬の聖地には「ボディコン熟女」も!

モノの本によれば、ロイヤルアスコットではカメラ持ち込みがご法度となっている。が、スマホ全盛の今日にそれはご無体な注文というもので、シルバーリング席の皆様は盛大にパシャパシャやっておられました。

逆に、黙ってレースを研究しているようなギャンブラーはほとんど見当たらない。まあ、これはパドックも見られない外野席(もちろん映像は見られる)ならではの現象かもしれないが、全体に「競馬は添え物」感は否めない。

意外?当然?日本のような競馬専門紙はなかった

英国はタブロイド紙が多種多様に存在し、それらはこぞってロイヤルアスコットに関する記事を載せている。が、日本のような競馬専門紙は存在しない。馬柱は読めないし、馬体重の発表もない。ゆえにレースの分析も底が浅い。

「タイムフォーム・レース・カード」と呼ばれている小冊子。よく当たるが、日本の競馬新聞ほどは楽しくない

代わりに重宝されているのは、「タイムフォーム・レース・カード」と呼ばれる小冊子だ。5ポンドで売っているが、出走馬に関する軽めのコメントがついていて、最近の戦績をレーティングしてくれているのが売り。数値の高い馬は買い。わかりやすいけど、レース展開の推理などは皆無である。

実際にこの日、1Rのアルバニーステークスと2Rのエドワード7世ステークスは、いずれもタイムフォーム・レーティングが最強の馬が勝っている。ゆえに本命ガチガチの低配当が続く。これではつまらない。そして筆者も当たらない。

今年は日本から天皇賞馬スピルバーグが参戦して6位に終わった、てなことで日本の競馬関連メディアは騒いでいたはずである。いや、確かに競馬関係者は日本と同様に大真面目だろうと思うが、ギャンブラーは絶対に日本の方が真剣勝負だぞ。

もうひとつ、特筆すべきは賭け方である。レース場の手前にブックメーカーが立つのだが、それぞれに会社が違っている。スーパーのレシートみたいな馬券を買って、当たったら同じ会社で配当してもらう。ほかの会社ではダメ。なにしろ表示しているオッズも、会社ごとに微妙に違うのだ。オッズは買った時点のものが馬券に記されていて、後で変化があっても配当は変わらない。

もちろん主催者発表の公式オッズもあって、そっちは日本と同じマークシート方式の投票もできるとのこと。が、これは断然、ブックメーカーの方が面白い。3Rのコモンウェルスカップ(G1)では、米国産馬ホーテナニーの前評判が高かった。

出走が近づくにつれて、ホーテナニーの単勝オッズがどんどん下がっていく。しかも筆者が馬券買いの行列をついている間にも下がってしまう。面白くないので急きょ予定を変更し、このレースのタイムフォームがもっとも高かったアイルランド産馬リマートの複勝(3着までに入ればあたりの馬券)を買ってみた。

次ページ英国恐るべし
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。