東大生厳選!GW前に読みたい「思考力高める3冊」 東大生は「考える力」を意識しながら読書する

拡大
縮小
西岡壱誠 東大 読書
読んで考えさせられる本、3冊をご紹介します(写真:Fast&Slow / PIXTA)

東大生は、読書家が多いです。東大の図書館にはいつもたくさんの学生が詰め掛けています。1日に何冊も本を読んでいる人もザラですし、授業では本の内容について議論をしています。

ただ、彼ら・彼女たちの読書は、知識を得るための読書とは少し異なります。

多くの人は、知識や技能を身に付けるために、読書をしているのではないでしょうか。例えば「わかりやすい文章を作るための文章術」を読んで、「わかりやすい文章を作るための方法」を知ろうとする、という人が多いと思います。

問いを考えるために、読書する東大生たち

一方で、東大生は違った読み方をしています。一言で言うと、「考えるための読書」をしているのです。

「少子高齢化社会でどう生きていけばいいか」というテーマの本を読んでいるときに、「少子高齢化社会ではこう生きればいい!」という「答え」を探すのではなく、「少子高齢化社会で、どう生きていけばいいか」という、問い自体を考えるために読書をしているのです。

そのため、東大生が読む本は、「考えさせられるもの」「答えが明確ではないもの」が多いのです。

今回はそんな中から、東大生が「考えるために」読んでいる本を3冊ご紹介したいと思います。

1 現代語訳 学問のすすめ

『現代語訳 学問のすすめ』(ちくま新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

まずは『学問のすすめ』です。有名な本であり、「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と言う一節は多くの人が知っている言葉だと思います。

この言葉は「人間はみんな平等だ」と言いたいのではありません。「人間は平等なはずなのに、世界は平等にはなっていない。それは、学問を修めているかどうかがカギになっている」という意味が込められています。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT