国民保守主義も「意識高い系」も自由を滅ぼす 表面的には対立する理念が実は通じ合う逆説

拡大
縮小
グローバリズム
国民保守主義と「意識高い系資本主義」は、本質において見事に通じ合っています(写真:cba/PIXTA)
近年「WOKE」という言葉がよく使われている。「WAKE=目を覚ます」という動詞から派生したこの言葉は「社会正義」を実践しようとする人びとの合言葉になっている。
WOKE CAPITALISM 「意識高い系」資本主義が民主主義を滅ぼす』著者のカール・ローズ教授は、企業が社会問題に取り組むことそのものが本音レベルで利益に直結する現代資本主義の構造と問題点を描いている。私たちはこの状況をいかに読み解くべきか。
近著『新自由主義と脱成長をもうやめる』著者の一人、佐藤健志氏が分析する。

世界が直面するジレンマ

グローバリズムには弊害が多い。

さりとてナショナリズムに徹するには、地球規模の問題が多すぎる。

WOKE CAPITALISM 「意識高い系」資本主義が民主主義を滅ぼす
『WOKE CAPITALISM 「意識高い系」資本主義が民主主義を滅ぼす』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

現在の世界が直面するジレンマは、このようにまとめられます。

 

そんな中、二つの注目すべき理念が台頭している。

一つは「国民保守主義(National Conservatism)」、もう一つは「意識高い系資本主義(Woke Capitalism)」です。

国民保守主義は、名前のとおり保守性を強調するもので、逆に「意識高い系資本主義」はリベラリズムを掲げる。

むろん前者はナショナリズム志向で、後者はグローバリズム志向。

言い換えれば、二つの理念は対立する関係にあるのですが……。

 

なんと、お立ち会い。

国民保守主義と「意識高い系資本主義」は、本質において見事に通じ合っているのです!

次ページ国民保守主義は国の統合を解体する
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT