日本の在住外国人メディア、知ると驚く「深い世界」 日本の大企業も広告出稿「アルテルナチーバ」に迫る

拡大
縮小
日本で発行されているポルトガル語の「アルテルナチーバ」(以下、写真はすべて筆者撮影)

「エスニックメディア」をご存じだろうか。「ある国や地域に住む人種・民族的なマイノリティーたちがつくるメディア」のことだ。

日本でも在住外国人たちがさまざまなエスニックメディアを持っている。ネパール語の新聞、韓国語のフリーペーパー、タガログ語のニュースサイト……。日本に住む外国人も、自分たちの「媒体」を持ち、読むのを楽しみにしているのだ。

これは海外に住む日本人だって同じで、アメリカやベトナムやインドなどなど世界各地に日本語のフリーペーパーや新聞がある。在住の日本人向けに発行されているものだ。

僕はタイに住んでいたことがあり、そのときは日本人向けの情報誌の編集部で働いていた。バンコクには僕たちがつくっていた雑誌のほか新聞やニュースサイト、フリーペーパー、さらにはラジオなど日本語の媒体がたくさんあったものだ。

発行1万6000部の「アルテルナチーバ」

異国で暮らすというのはたとえ言葉がわかったとしてもなかなか心細いもので、その生活の中で触れる母国語の情報源というのは心強く、またどこか温かみを感じるものなのである。

で、日本にいくつもあるエスニックメディアの中で、とりわけ大手のものが「Alternativa」(アルテルナチーバ)、ポルトガル語のフリーペーパーだ。おもにブラジル人が愛読しているのだが、130ページのフルカラーを年間24回、発行1万6000部という数字に、元同業者として驚く。それだけの規模のものがタイにあっただろうか。

次ページどんな記事が掲載されている?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT