700円で美味しい「インネパ」背後にある壮絶な貧困 日本に出稼ぎに来た人々追った『カレー移民の謎』

拡大
縮小
インドカレーセット
ネパール人が経営するインドカレー屋「インネパ」。「インネパ」として日本で暮らす人々のリアルについてジャーナリストである室橋裕和さんに話を聞きました(写真:chitorin/PIXTA)
この記事の画像を見る(3枚)

ネパール人が経営するインドカレー屋は、「インネパ」と呼ばれ、ここ20年でその数が激増している。なぜネパール人が経営しているのか、どうして増えたのか。そんな、インネパの疑問を解き明かしたのがカレー移民の謎 日本を制覇する「インネパ」だ。ジャーナリストである室橋裕和さんが、3年の月日をかけて完成させた本である。

前編では、

・インネパ増加の背景には、インドカレー店で働くことの多かったネパール人が独立したことや、日本でのバックパッカーブーム、特にビザ改正に伴うブローカーの増加など、複合的な要因があったこと

・目立った産業がないネパールでは国外で働くことが夢のようになっていて、それが日本への出稼ぎを促していること

・インネパのメニューがバターチキンカレーや食べ放題ナンのように「コピペ」であることが多いのは、借金を抱えて日本に来たり、金銭的に苦しい下積み生活を送ったゆえに、「絶対に失敗したくない」というネパール人の切実な思いが反映されていること

などについて伺った。

後編では、インネパとして日本で暮らす人々のリアルについてお話を伺う。

なぜ、日本外国人を取材するのか

そもそも、室橋さんがインネパに興味を持ったのはなぜだったのか。

「僕は30代の10年間をタイで編集記者として暮らしたんです。タイには大きな日本人コミュニティがあって、僕が働いていたような日本語の情報誌もあるくらいで、生活にはほとんど不自由はなかった。

次ページ厳しい状況に置かれるインネパの子どもたち
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT