復興の精神 養老孟司ほか著

復興の精神 養老孟司ほか著

東日本大震災は、原発問題を伴って、単なる復興では済まされない、日本で生きるうえでの価値観の転換を迫っている。

本書は、学者、医者、僧侶作家など、9人の著名人がそれぞれの立場から、直後に感じたこと、さらには3・11以後をどう生きていくのかを正面から見つめる。

極端に落ち込まず、かといって必要以上に張り切らず、普段どおりの生活を送ろうと冷静さを求める人。度重なる地震や、敗戦から立ち直った過去を踏まえ、日本人の底力を信じようとする人。

共通するのは、歴史を振り返り、災害が起きてもあきらめずに何度でも立ち上がる、日本人の中にある不屈の精神への期待だ。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。