復興の精神 養老孟司ほか著

復興の精神 養老孟司ほか著

東日本大震災は、原発問題を伴って、単なる復興では済まされない、日本で生きるうえでの価値観の転換を迫っている。

本書は、学者、医者、僧侶作家など、9人の著名人がそれぞれの立場から、直後に感じたこと、さらには3・11以後をどう生きていくのかを正面から見つめる。

極端に落ち込まず、かといって必要以上に張り切らず、普段どおりの生活を送ろうと冷静さを求める人。度重なる地震や、敗戦から立ち直った過去を踏まえ、日本人の底力を信じようとする人。

共通するのは、歴史を振り返り、災害が起きてもあきらめずに何度でも立ち上がる、日本人の中にある不屈の精神への期待だ。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。