世界の運命 ポール・ケネディ著/山口瑞彦訳

世界の運命 ポール・ケネディ著/山口瑞彦訳

地球の経済と政治の現状を知るために、火星からの視察団が訪れたら、彼らはどのような所感を持つだろうか。本書には、こんなユニークな視点で世界を眺めたエッセーが収録されている。その答えは、環境破壊、戦争、金融不安、破綻国家、人権侵害、民族主義などに火星人たちは困惑し、地球の未来に失望するだろうと説かれている。

また、第2次大戦当時のルーズベルトやチャーチルと、ブッシュ前大統領の戦地に滞在した時間を比較し、前大統領の時間が圧倒的に少ないことから、為政者の資質を問うなどしているのも面白い。

希代の歴史家が、こうした意外な話題から、この星の歴史、時事問題、未来予測までを語り尽くしている。

中公新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT