利他的な遺伝子 柳澤嘉一郎著

利他的な遺伝子 柳澤嘉一郎著

利他的な行動を見聞すると、人は「本能的に」幸せを感じる。特に、自己犠牲を伴う利他行動にいたく感動する。東日本大震災でも、津波避難を呼びかけ続け自らは犠牲になった役場職員をはじめ、いくつものエピソードが伝えられ、反響を呼んだ。

学術用語の利他的や利他性は、「自分の生存や繁殖を犠牲にして、他のものの生存や繁殖を高めること」と厳密な定義になるが、人の場合は、人同士の共感や信頼、そして情愛と結び付く。

人は日頃、利己を優先して生きているが、その一方で純粋な利他性を持ち、「二つとも、本能として、遺伝子によって脳に刻まれている」という。ただし、この利他性の顕在化には、乳幼児期に「いつも優しく接してくれる“特定の人”」がいることが大事なようだ。いわば「三歳児神話」を裏付ける。

共感、信頼、情愛はどうすれば育てられるのか。科学の最新知見を交えて、人の本質に迫っている。

筑摩選書 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT