利他的な遺伝子 柳澤嘉一郎著

利他的な遺伝子 柳澤嘉一郎著

利他的な行動を見聞すると、人は「本能的に」幸せを感じる。特に、自己犠牲を伴う利他行動にいたく感動する。東日本大震災でも、津波避難を呼びかけ続け自らは犠牲になった役場職員をはじめ、いくつものエピソードが伝えられ、反響を呼んだ。

学術用語の利他的や利他性は、「自分の生存や繁殖を犠牲にして、他のものの生存や繁殖を高めること」と厳密な定義になるが、人の場合は、人同士の共感や信頼、そして情愛と結び付く。

人は日頃、利己を優先して生きているが、その一方で純粋な利他性を持ち、「二つとも、本能として、遺伝子によって脳に刻まれている」という。ただし、この利他性の顕在化には、乳幼児期に「いつも優しく接してくれる“特定の人”」がいることが大事なようだ。いわば「三歳児神話」を裏付ける。

共感、信頼、情愛はどうすれば育てられるのか。科学の最新知見を交えて、人の本質に迫っている。

筑摩選書 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT