感染症と文明 共生への道 山本太郎著

感染症と文明 共生への道 山本太郎著

現代では小児の病気として知られる麻疹(はしか)、水痘、おたふく風邪といった感染症は、小児に対して特に高い感染性を持つわけではない。成人の多くが免疫を持つ社会では、子どもたちが唯一の感受性者となるため、小児疾病のように見えるにすぎないという。

急性感染症が小児疾病ではなかった時代には、数十年置きに突発的に流行する急性感染症は、社会全体に時として壊滅的な影響を与えてきた。人類は感染症との闘いに勝利できるのか。ハイチなどで感染症対策に従事した経験を持つ著者は、病原体の根絶ではなく共生が必要と説く。たとえそれが人類にとって心地よいものではないとしても。

古代文明以来続く感染症と人類との関係を振り返る。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT