グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学 吉田文和著

グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学 吉田文和著

持続可能性と人々のよい生き方をキーワードにして、経済の原義である「経世済民」に立ち返り、かつ「制約なくして革新なし」の立場から、グリーン・エコノミーのあり方、課題と展望を論じる。

「エコ税制改革」が有効と提言。地球温暖化対策を進めながら、社会保障制度の改革を行うために、地球温暖化対策税(炭素税)の本格導入を提唱する。それにより、省エネルギーと節電を促進し、CO2を減らすと同時に、その税収で社会保障税や年金保険料(雇用者負担)を減額。また、ゴミ有料化など「バッズ課税」によるゴミ削減で、焼却炉の建て替えなどを減らし、その分の予算を社会保障に充てるなど、きめ細かい税制改革メニューに踏み込む。

中公新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。