なぜ日本経済はうまくいかないのか 原田泰著

なぜ日本経済はうまくいかないのか 原田泰著

日本がうまくいかないのは、間違ったことを一生懸命やっているからだ。政治家も官僚も識者も、自分に都合のいいようにしか考えない。つまらぬ資金配分や行政はやめて国は単純にカネをバラまくべきだ。地方にも企業にも個人にもカネを渡し(減税でもいい)それぞれの裁量で使うようにせよ。そうすれば消費も農業も教育も育児もうまく回り出す。大震災からの復興もバラまきでの対応が正しい。そう著者は主張する。

50の問題提起とその解明が最後まで小気味よく続く。特に政治が機能しない理由、役人の本質と使い方、国民の心理と消費行動といった切り口からの論考は明快で、歴史的でグローバルな視点と多彩なレトリックが楽しめる。雑誌寄稿を再構成したものだが、時間差が気にならないのは事の本質を突いた議論のせいだけでなく、日本に変化の兆しがまるで見られないからだろう。とすると、本書の寿命はまだ長いことになるのだろうか。(純)

新潮社 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。