半身マヒの91歳男性「人生で最後の帰省」のリアル 「1泊だけ」受け入れてくれる特養を探して…

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
佐々木看護師(右)と介護タクシーの運転手(左)と奥田さん
佐々木看護師(右)と介護タクシーの運転手(左)と奥田さん。「人生最後かもしれない」帰省は、とても充実したものになった(写真は上山浩司さん提供)
この記事の画像を見る(3枚)
ツアーナース(旅行看護師)と呼ばれる看護師たちの存在をご存じでしょうか?
「最期の旅行を楽しみたい」「病気の母を、近くに呼び寄せたい」など、さまざまな依頼を受け、旅行や移動に付き添うのがその仕事です。
連載第5回は前編に続き、脳梗塞の後遺症で半身マヒを抱えながら、東京都中野区にある特別養護老人ホームから妻が眠る岐阜まで墓参りに向かった91歳の男性のエピソード(後編)をお送りします(本記事は「日本ツアーナースセンター」の協力を得て制作しています)。

特別養護老人ホームから送られる診療情報提供書

日本ツアーナースセンターに登録する佐々木昭看護師(61)の経歴は少し変わっている。54歳まで、海上自衛隊で、自衛官看護師として活動していたのだ。

高校卒業後、自衛隊横須賀病院准看護学院に入校した佐々木看護師は、22歳から自衛官准看護師として、定年までを勤め上げた。55歳になった6年前には、神奈川県の介護施設に再就職し、看護部門の主任として活動した。そして、還暦を迎えた2022年、ツアーナースの仕事を始めたのだった。

2023年10月某日、東京から岐阜県まで、1泊2日のタクシーの旅に、佐々木看護師は同行していた。

利用者は奥田源三さん(91歳・仮名)。脳梗塞の後遺症から右半身が不自由で、車いすの生活だ。本人たっての希望により、生まれ故郷の岐阜県にある妻のお墓参りのために、ツアーが組まれた。

次ページツアーナースの存在を知らなかった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT