半身マヒの91歳男性、最期の墓参りで見せた"笑顔" 「死ぬ前に、どうしても一度、故郷に帰りたい」

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
墓参り
岐阜で妻の墓参りをする車いすに乗った奥田さんと、佐々木昭看護師(右)と上山浩司司法書士(写真はケアミックス提供)
この記事の画像を見る(3枚)
ツアーナース(旅行看護師)と呼ばれる看護師たちの存在をご存じでしょうか?
「最期の旅行を楽しみたい」「病気の母を、近くに呼び寄せたい」など、さまざまな依頼を受け、旅行や移動に付き添うのがその仕事です。
連載第4回は、脳梗塞の後遺症で半身マヒを抱えながら、東京都中野区にある特別養護老人ホームから、妻が眠る岐阜まで墓参りに向かった91歳の男性のエピソードをお送りします(本記事は「日本ツアーナースセンター」の協力を得て制作しています)。

前の晩から降り始めた雨は、日付がかわるとさらに激しさを増した。91歳の奥田源三さん(仮名)は、車の中から降りしきる大粒の雨を見つめていた。

「ここまで、来ることができたから、良しとします」

脳梗塞の後遺症で、口元にわずかにマヒの残る奥田さんは、途切れがちにそう言った。しかし言葉とは裏腹、表情には無念の影が浮かんでいた。

奥田さんのこれまでの人生

東京都中野区にお住まいの奥田源三さんは、10年前に奥さんと死に別れた。子供はいない。

現在91歳の奥田さんは、80代の後半まで自宅で一人暮らしだったが、脳梗塞で倒れてからは、右半身マヒの後遺症が残り、一人暮らしが難しくなった。2年程前から、軽い認知症の症状が出てきたこともあり、同区内の特別養護老人ホーム(特養)に暮らすようになった。

岐阜県出身の奥田さんは、東京に親戚はいない。親交のあった友人たちも皆亡くなったり、病気が悪化したりで会うこともできなくなった。今いる特養を終の住処とし、余生を送ることに不満はなかった。ただ、ひとつだけどうしてもやっておきたいことがあった。

「生きているうちに、妻が眠る岐阜のお墓に参っておきたい……」

次ページ死ぬ前に、どうしても一度、故郷に帰りたい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT