劣化症状が現れた男性「オッサン」との仕事術

「うざい」「セコい」「キモい」への接し方

これからのビジネスでは、働いた時間の長さより、生産性と価値と持続可能性が問われます。それが、なでしこ型仕事スタイルです。

時間:時間内に勝たないと、勝ち点3が取れない。延長は疲労し、次の試合に影響するのでなるべく避ける。
自分:目の前の代表戦1試合で燃え尽きてはいけない。自分のチームに戻って成長しないと、次の代表に呼ばれない。

男社会のシステムとは、同化も戦う必要もなし!

これからの仕事スタイルは、少ない時間と労力で高い価値を出し続ける。コスパの高い働き方を目指します。そして仕事以外の時間で自分のスキルを磨いて視野を広げることで、よりやりがいのある仕事に近づくことができる。まるで、なでしこジャパンのメンバーのようです。これがこれからのプロフェッショナルな仕事スタイルです。

多くのおじさんも気づいているはずですが、日本の「男社会」はすでに時代に合わなくなってきていて、劣化が進んでいます。これまでのやり方に固執することなく変化が求められています。優秀な経営者たちは、すでにそれに気づいています。

劣化した男社会のシステムに同化する必要はないし、戦う必要もない。そして、オッサンは劣化しただけであって悪い人たちでもない。そこを意識してコミュニケーションを取れば、彼らと上手にお仕事ができるのだと思います。

男性が支配的だった時代に、独りで戦ったある女性の言葉をご紹介します。今はここに新しい意味が吹き込まれ、さらにキラキラしている気がします。

「オトコ社会なんて気にしない。ただし女でいられるならね――マリリン・モンロー」

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。