劣化症状が現れた男性「オッサン」との仕事術

「うざい」「セコい」「キモい」への接し方

オッサンの仕事のスタイルについても理解をしておいたほうがいいと思います。オッサンの仕事スタイルと、これからのビジネスに必要な仕事スタイルには大きな違いがあるからです。

オッサンの仕事スタイルは「高校球児」

その違いとは、これです。

a:高校球児
b:なでしこ

 

オッサンの仕事スタイルは、センチメンタルな高校球児型。これからの仕事スタイルは、プロフェッショナルなサッカー女子代表なでしこ型に分類できます。仕事スタイルを「時間」と「自分」の二軸のマトリクスに整理するとわかりやすいと思います。

まず、高校球児型といえるオッサンの仕事スタイルとは、

時間:延長18回、再試合、大歓迎。勝利のためならどれだけ時間をかけてもいい。むしろ時間がかかると感動する。
自分:目の前の試合にすべてを捧げて全力投球。燃え尽きてもいい。むしろ燃え尽きると感動する。

 

夏の高校野球を観戦して、センチメンタルに耽りがちなオッサンは、仕事スタイルも同様です。どれだけ残業してでもやり遂げる。多くの時間を捧げて全力投球するのがエラい。頑張ったら報われると考えるのが彼らの仕事スタイルです。

経済成長期の大量生産ビジネスに適した仕事のスタイルですが、価値が多様化した現代のビジネス環境には合わなくなってきています。このスタイルに固執すると、頑張ったら報われるという意識がねじ曲がってしまいます。仕事の中身はともかく長く働いた分だけ報われる「努力の原価積み上げ方式」に陥ってしまうのです。必ずしも生産性が高いとはいえない仕事スタイルです。

次ページこれからは生産性の高い「なでしこ型」でいこう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。