快進撃のトランプ氏「13指標」で見た再選の現実味 過去の大統領選を的中、リットマン氏に聞く

拡大
縮小
トランプ前大統領
アメリカのメリーランド州で開催された保守政治行動会議(CPAC)で演説するトランプ前大統領(写真:Bloomberg)

トランプ前大統領の快進撃が止まらない。2024年のアメリカ大統領選・共和党指名候補争いでトランプ氏が圧勝を続けており、11月に行われる大統領選はトランプ・バイデン再対決の可能性が高まっている。ではトランプ再選はあるのか。

今回、話を聞いたのは歴史学者で米アメリカン大学のアラン・リットマン特別栄誉教授。自身が考案した「ホワイトハウスへの13のカギ」を基に勝者を予測し、1984年のレーガン大統領再選から勝者を言い当ててきた。クリントン氏の勝利が確実視されていた2016年の大統領選も「トランプ勝利」を予測し、的中させている。

リットマン教授の「ホワイトハウスへの13のカギ」は、13の指標を「真実(イエス)」か「正しくない(ノー)」で判断する。13のうち6つ以上が「正しくない(ノー)」という結果になると、対立候補の勝利が予測される。逆に言えば、与党が勝つには、8つ以上の指標が「真実(イエス)」である必要がある。

●ホワイトハウスへの13のカギ
①中間選挙で与党が躍進した(連邦下院で議席を増やした)
②現職大統領の党候補指名に挑む主要な候補者がいない
③現職が再選を目指す選挙である
④主要な第3党候補者がいない
⑤経済の短期予測が良好(景気後退に陥っていない)である
⑥経済の長期予測が良好(現政権下の経済成長が、前政権とその前の政権の下での経済成長と同等か、それ以上)である   
⑦前政権から政策を大きく転換した
⑧社会不安がない
⑨大きなスキャンダルがない
⑩外交・軍事政策で大きな失敗がない
⑪外交・軍事政策で大きな功績を上げた
⑫現職にカリスマ性がある
⑬対立候補にカリスマ性がない

リットマン教授の現時点での分析によると、答えが「真実(イエス)」でバイデン大統領に有利な指標は13のうち5つ(②、③、⑥、⑦、⑬)、答えが「正しくない(ノー)」ことが確定し、トランプ前大統領に有利な指標は2つ(①、⑫)、6つの指標についてはまだ答えが出ていない。

リットマン教授が最終的な予測を出すのはまだ先だが、今の分析に関する詳細を聞いた。

次ページ大統領選の行方をどう見ている?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT