あなたにも出来る!社労士合格体験記(第34回)--試験で問われる「破産手続開始」


雑誌の記事どおり、まさしく秘湯の宿で、周りは大自然そのまま。お風呂は素朴ですが、いろいろな種類の源泉がゆったりと楽しめて、どれもこれも最高でした。特に早朝、露天に入っているとき、エゾジカの群れが餌をもらいに続々と山から降りてきて、我々には見向きもせずに通り過ぎていく光景は、今でも忘れられません。

宿には首都圏からきた若者が住み込みで働いていました。たまたま温泉巡りをしていて、ここが気に入ったとのこと。好きな場所に長期間滞在しながら仕事をする。こんな気ままな生き方も素晴らしいなと感じさせられました。

いつかまた、鹿を見ながら温泉につかりたいなと思っていたのですが、残念ながら「かんの温泉」は11年1月、破産手続きの開始決定がされたとのニュースを見つけました。信じられない、信じたくない気持ちですが、秘湯ファンの一人として是非再開されることを祈っています。

試験で問われる「破産手続開始」

ところで、社労士の試験科目である、健康保険法と厚生年金保険法には、保険料の繰上徴収の規定で「破産手続開始の決定を受けたとき」という頻出の論点が出てきます。ただし、「民事再生法手続の開始」は繰上徴収の要件とはされていないので、ご注意を!

試験では、督促とも絡めて出題されます。すなわち、保険料の繰上徴収をする場合には、督促をする必要はないという論点です。この督促については、「督促しようとするときは、保険者等は、納付義務者に対して、督促状を発しなければならない。この督促状により指定する期限は、督促状を発する日から起算して10日以上を経過した日でなければならない」という点も押さえておきましょう。

科目横断で細かい数字も逃さない

さらに、よく引っかけられる論点として、督促をしたときの延滞金の計算期間の「始めと終わり」に注意してください。始めは「納期限の翌日」からで、終わりは「徴収金完納又は財産差押えの日の前日」までです。つまり、起算日は「督促状に指定された期限の翌日」ではなく、「本来の納期限の翌日」になります。この論点は労働保険徴収法、健康保険法、国民保険法、厚生年金保険法ともに共通です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング