物も人も動かない… 「ドライバーが消える日」 トラック、タクシー、バスは深刻な人手不足だ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

朝7時から11時にタクシーがつかまらない

国内の営業用トラックの輸送能力は、このままいけば2030年に34.1%が不足するという(NX総合研究所調べ)。消費者も物流問題では、その深刻さを年々身近に感じつつある。

EC(ネット通販)の普及によって、ヤマト運輸が宅配便の総量規制や値上げを実施し、「宅配クライシス」と呼ばれたのが2017年。日本郵便が普通郵便(手紙・葉書き)の土曜配達を中止したのが2021年だった。近年では、セブン‐イレブンが弁当や総菜など日配品の配送回数について、1日4回から3回に順次変更している。

2024年問題で残業規制が適用されるのは、タクシーやバスのドライバーも事情は同じである。

タクシーの場合、2023年5月の新型コロナウイルスの5類移行を受け、日本人やインバウンド(訪日外国人)の観光が復活したという事情もある。コロナ禍でタクシードライバーが大量に離職したが、コロナ収束後も業界には戻ってこないからだ。

とくに繁華街や観光地では、目立ってタクシーがつかまらなくなった。東京ハイヤー・タクシー協会によると、都内で最もタクシーが足りない時間帯は、通勤にかかわる平日の朝7時~11時だという。

さらにはバスもドライバー不足を受け、地方で路線バスの減便・廃止が続く。

長野の長電バスは1月下旬から日曜運休に踏み切り、大阪の金剛自動車は2023年12月に路線バス事業の廃止を決断した。何と東京23区も例外でなく、足立区はコミュニティバス「はるかぜ」を減便している。バスは“地域の足”を奪われているのが実態なのだ。

次ページドライバーの「荷待ち」を減らさなければ罰金
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ドライバーが消える日
物も人も動かない… 「ドライバーが消える日」
トラック、タクシー、バスは深刻な人手不足だ
多重下請け、荷主優位、待遇悪化、人手不足…
「昔の先輩は月100万稼いだ」「若手は興味なし」
1泊2日の長距離運行を日帰りに変えられる
国土交通省で2023年7月に発足、全国に162人
「死ぬ選択肢が突きつけられたようなもの」
日本郵便との連携は意外にも早く進みそう
ヤマト運輸 "日本郵便との提携"がもたらす余波
個人ドライバー報酬は1時間当たり最大1886円
「2025年には店に商品が届かないかもしれない」
時価総額、低PBR、平均年収、女性管理職比率…
「同業の福山通運とは激しい競争をしてきた」
「法令違反状態で走るような運送会社が横行」
インバウンドなど人流回復で移動難民が続出
一般ドライバーの参入に業界は戦々恐々だが…
アプリですべてOK、ライドシェアの成否も握る
利用者がドライバーを評価できるのは利点だ
平均年齢64歳、全国2.8万人のドライバーたち
安全、ワーキングプア、環境問題にも悪影響だ
親付きの会社説明会、20代だけの営業所・・・
「最初は給料高い」「稼ぐテクニックもある」
既存のタクシー会社への規制緩和を唱える
あくまでも既存社員の雇用を守ると訴える
金剛バス「廃止」、長電バス「日曜運休」、東京も…
地方交通の論客が路線バスの廃止について憂う
カスハラに悩み、求人倍率2倍でも人が来ない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内