工業用ファスナー最大手のニフコ--就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業


大学院修了でなくても研究開発に従事

研究開発に携わりたいという理系学生は多いが、修士以上でないと携わることができないことが多い。しかし、ニフコでは修士以上でなくても研究開発を担当することが出来る。11年4月入社合計は31名だったが、そのうち理系修士は4名のみ。社是に「アイデアで食べる経営」とあるように、大卒であってもさまざまなアイデアを出しながら研究開発に従事することが出来る。研究職を希望する学生に合った企業といえる。

ニフコがグローバル優良企業であることは間違いないのだが、学生からの認知度は高いとはいえない。理系学生はともかく、文系学生はあまりニフコを知らない。先日、『週刊東洋経済』が、アンケート調査を基に大学生の就職人気ランキングである「就職ブランドランキング」を発表した。これによると、ニフコは総合ランキングではなんと719位。

就職氷河期と言われるが、学生の企業選びにも問題があるのではないだろうか。学生は身近なBtoC企業に注目する傾向があるが、日本はモノ作り大国であり、優れたBtoB企業が少なくない。就活生はもっとBtoB企業に目を向けるべきだろう。

 

 

(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。