工業用ファスナー最大手のニフコ--就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業


技術力には定評があり、全世界で保有する特許件数はなんと約4000件。自己資本比率61.6%と財務体質は堅固だ。

ニフコは北米、アジア、欧州など海外16カ国に進出、海外売上高比率は46%というグローバル企業だ。今後、少子高齢化で日本経済が縮小していくので、企業が成長していくためには海外進出することが求められている。現時点で海外売上高比率が高く、今後さらに海外展開を強化するニフコの将来性は高いといえる。

人事担当者が全国の大学を行脚

ニフコは厳選採用の方針をとっているが、「能力のある学生であれば、予定数をオーバーしても採用したい」(天野克俊:人事部採用マネージャー)というほど、人材採用には積極的だ。

就職シーズン前に人事担当者が全国の大学のキャリアセンターと理系教授を訪問し、ニフコの知名度アップと大学との関係強化に努めている。そして、昨年は全国約50大学で学内セミナーを開催した。このほか、大会場での合同企業説明会や本社ビル内での企業セミナーも行っている。

採用の流れが不透明なため、学生から不信感を持たれる企業は少なくないが、ニフコはプレエントリーから内定までのフローをHP上で明らかにしている。学生は受験対策を立てやすいし、ニフコを信頼することができる。

ニフコの採用の流れは下記のとおり。

プレエントリー→企業セミナー申し込み→ニフコ企業セミナー参加(同日に筆記試験)→履歴書や自己PRシートの提出→人事面接→集団面接→最終面接

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。