最新版!これが人気のビジネス・経済書200冊

上位には「超一流」「一流」「世界のトップ」

いまの売れ筋テーマは?(写真: stock_pix / PIXTA)

毎週おなじみ、アマゾンの週間ベストセラーランキング(ビジネス・経済書)をお届けする。今回は6月7~13日の7日間が対象。トップは、文響社の「超一流の雑談力」だった。

上位には「超一流」「一流」「世界のトップ」「役員になる人」など上昇志向を剝きだしにしたタイトルが多い。こうしたビジネス書をアマゾンで購入する層は、自分を磨こうとする意識が高いということなのだろう。

また3月、4月ごろは上位に翻訳本が目立っていたが、いまは翻訳本は少ない。たまたま大型の翻訳本がないだけかもしれないが、日本の作者ががんばっているといえそうだ。

6月7~13日のアマゾン(ビジネス・経済)トップ20冊

1 超一流の雑談力  安田 正
2 シンプルに考える  森川亮
3 トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術  浅田すぐる
4 一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?  小川 晋平
5 世界のトップを10秒で納得させる資料の法則   三木 雄信
6 新・観光立国論  デービッド アトキンソン
7 小さな会社・儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略   竹田 陽一
8 勝つ投資 負けない投資  片山 晃(五月)
9 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事  安藤 浩之
10 チームの力: 構造構成主義による”新”組織論   西條 剛央
11 成約率98%の秘訣  和田 裕美
12 伝え方が9割  佐々木 圭一
12 逆転力 ~ピンチを待て~   指原莉乃(HKT48)
14 トヨタ 仕事の基本大全   OJTソリューションズ
15 ザ・プラットフォーム IT企業はなぜ世界を変えるのか?  尾原 和啓
16 コーポレートコーチング 上  苫米地 英人
17 エッセンシャル思考  グレッグ・マキューン
18 世界一タフな職場を行き抜く人たちの仕事の習慣 ずんずん
19 イノベーションの誤解 鷲田 祐一
20 明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法  佐藤 尚之  
次ページまずはトップ50
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。