最新版!これが人気のビジネス・経済書200冊

トップは「儲ける社長のPDCAのまわし方」

売れているビジネス書とは?(写真は、6月24日の東洋経済オンライン編集部のキャビネット)

毎週おなじみ、アマゾンの週間ベストセラーランキング(ビジネス・経済書)をお届けする。今回は6月14~20日の7日間が対象だ。1位は「儲ける社長のPDCAのまわし方」。カリスマ経営コンサルタントとして知られる小山昇氏の最新刊だ。

13年連続増収増益を続ける武蔵野の社長で、かつ500社以上の企業を増収増益へと導くカリスマ経営コンサルタントでもある著者が、中小企業の経営者に向けて、具体的な事例を交えながら増収増益につながる効果的なPDCAの回し方について解説する教科書である。

 

6月14~20日のアマゾン(ビジネス・経済)トップ20冊

1 儲ける社長のPDCAのまわし方  小山 昇
2 シンプルに考える  森川亮
3 超一流の雑談力  安田 正
4 トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術  浅田すぐる
5 世界のトップを10秒で納得させる資料の法則  三木 雄信
6 常識破りの「空き家不動産」投資術  村上 祐章
6 絶体絶命でも世界一愛される会社に変える!  石坂 典子
8 ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」 川村 隆
9 ザ・プラットフォーム  尾原 和啓

10 HARD THINGS   ベン・ホロウィッツ
11 とにかく妻を社長にしなさい 坂下 仁
11 チームの力 西條 剛央
13 新・観光立国論  デービッド アトキンソン
13 一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?  小川 晋平
15 いよいよ政府があなたの財産を奪いにやってくる!?  浅井 隆
16 成約率98%の秘訣  和田 裕美
17 エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする  グレッグ・マキューン
18 あえて、レールから外れる。逆転の仕事論  堀江 貴文
19 だから、ぼくは農家をスターにする 「食べる通信」の挑戦  高橋 博之
20 松下幸之助 パワーワード  小宮 一慶
次ページまずはトップ50冊
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。