アップルの中国事業「売上高2桁減」の厳しい現実 ハイエンドのスマホ市場でiPhoneのシェア低下

✎ 1〜 ✎ 1389 ✎ 1390 ✎ 1391 ✎ 最新
拡大
縮小
アップルのiPhoneは中国のハイエンドのスマートフォン市場でシェアを落としている。写真は浙江省温州市のアップルストア(同社ウェブサイトより)

アップルの中国事業が苦戦を強いられている。

同社は2月1日、2023年10~12月期の決算を発表。同四半期のグローバル売上高は前年同期比2.1%増の1195億7500万ドル(約17兆5309億円)、純利益は同13.1%増の339億1600万ドル(約4兆9724億円)と、全体的には好調だった。

イギリスのロンドン証券取引所グループ(LSEG)がまとめたアナリスト予想の平均値は、グローバル売上高が1179億1000万ドル(約17兆2868億円)、1株当たり純利益が2.10ドル(約308円)だった。実際の1株当たり純利益は過去最高の2.18ドル(約320円)を記録し、売上高とともに事前予想を上回った。

主要市場で大中華圏だけ減収

にもかかわらず、アップルの株価は決算発表後に急落。2月2日の取引開始直後には、一時的に前日の終値比4%安の179.25ドル(約2万6280円)まで売り込まれた。

投資家の不安を誘ったのは、10〜12月期の大中華圏(訳注:中国本土および香港・マカオ・台湾)での売上高が208億1900万ドル(約3兆523億円)にとどまり、前年同期比12.9%の2桁減を記録したことだ。アナリストも大中華圏の減収を予想しており、LSEGの平均値は235億3000万ドル(約3兆4497億円)だったが、実績はそれに届かなかった。

世界の主要市場のなかで、アップルの10〜12月期の売上高が減少したのは大中華圏だけだ。決算報告書によれば、同四半期の南北アメリカ大陸の売上高は前年同期比2.3%増の504億3000万ドル(約7兆3935億円)、ヨーロッパは同9.8%増の303億9700万ドル(約4兆4565億円)、日本は同15.0%増の77億6700万ドル(約1兆1387億円)だった。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT