中国スマホ「トランシオン」が新興国市場で大躍進 2023年の出荷台数9500万台超、世界シェア5位に

✎ 1〜 ✎ 1388 ✎ 1389 ✎ 1390 ✎ 最新
拡大
縮小
トランシオンの主戦場はアフリカ、中東、ラテンアメリカなど中国国外の新興国市場だ(写真は同社のサブブランド「テクノ」のウェブサイトより)

世界のスマートフォン市場の勢力図に新たな変化が起きている。カナダのコンサルティング会社テックインサイツが2月2日に発表したデータによれば、2023年のメーカー別のスマホ出荷台数ランキングで中国の伝音控股(トランシオン)が第5位になり、初めてトップ5入りした。

広東省深圳市に本社を置くトランシオンは、低価格のスマホをアフリカなどの開発途上国で販売する戦略に特化している。テックインサイツのデータによれば、同社の2023年の出荷台数は前年同期比31%増の9510万台に達し、世界シェアを2022年の6%から8.3%に伸ばした。

世界首位争うサムスンとアップル

トランシオン以外のトップ5の顔ぶれを見ると、首位は韓国のサムスン電子で世界シェア19.6%、第2位はアメリカのアップルで同18.8%、第3位は中国の小米(シャオミ)で同12.7%、第4位は中国のOPPO(オッポ)で同9.2%だった。2022年に第5位だった中国のVIVO(ビボ)は、トランシオンに抜かれて圏外に去った。

2023年の全世界のスマホ出荷台数は、テックインサイツのデータでは前年比3.9%減の11億5200万台だった。市場全体が縮小するなか、上位メーカーは熾烈なシェア争いを繰り広げている。香港の市場調査会社カウンターポイントのデータでは、アップルの世界シェアは20%とサムスンの19%を僅差で逆転するなど、調査会社によるばらつきも見られる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT