正義論の名著 中山元著

正義論の名著 中山元著

古代ギリシャにおける正義とはポリスの秩序を維持し調和すること、すなわち公共善を目指すことであった。ホッブズに始まる社会契約の思想は、自分自身の利益のために社会を構築すると考え、正義の概念もこの観点から考察されるようになる。一方でヒュームやスミスとともに、契約ではなく市民社会の秩序が自主的に誕生するというリベラリズムにおいては、正義もこれを裏付けるものとして考えられるようになる。

西洋の政治哲学と道徳哲学においてつねに一つの軸をなす正義とは、どのように発展してきたか。プラトン、アリストテレスからベンサム、ニーチェ、さらにはサンデルまで、各時代の名著を読み解きながら歴史的に考察する。

ちくま新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。