柳井正の希望を持とう 柳井正著

柳井正の希望を持とう 柳井正著

今最も勢いがある日本企業の1社、ファーストリテイリングの経営者が、自らの半生と経営論を開陳した。

家業の小さな紳士服店を継いだ著者は、数々の失敗を重ねながら商売や経営を学び、いかにして日本有数のカジュアル衣料専門店ユニクロを築き上げていったのかが語られる。その道は苦難の連続だったが、信念と希望を捨てなかったからこそ、今の成功につながったという。

東日本大震災は今後の日本の道を決定する歴史的な転換点だとも語り、自分たち商売人は停滞ムードを振り払い、商売を続けてカネを儲け、景気をよくすることに専念するべきだという。逆境のときだからこそ、希望を失わないことの大切さを説く。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT