消費するアジア 新興国市場の可能性と不安 大泉啓一郎著

消費するアジア 新興国市場の可能性と不安 大泉啓一郎著

アジア新興国のイメージは、先進国並みの景観を誇る大都市(メガ都市)の生産能力や消費規模によって形成されがちだが、1人当たりのGDPをはじめ、国レベルで平均化された指標とのギャップでわかるとおり、メガ都市は例外な存在にすぎない。しかも、メガ都市の延長線上に国全体の輝かしい未来を描くのも危険である。アジア全域で貧困率が急速に低下しているものの、富裕層との所得格差は是正されず、メガ都市に向かう急速な人口移動が、逆に今後の地方・農村の成長力を弱める原因にもなりかねない。

興隆著しいアジアのメガ都市の構造を「消費」の視点で分析。併せて、格差や社会不安などの懸念材料、日本の「立ち位置」を考察する。

中公新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。