紳士服店には両刃の剣 スーパークールビズ旋風

連日、猛暑日を迎える日本列島。原子力発電所停止に伴う夏の電力不足を前に、環境省が5月に提唱したのが「スーパークールビズ」だ。紳士服専門店各社は対応する商品を拡大、需要の取り込みに躍起となっている。

「4、5月の早いうちからスーパークールビズ商品を投入できた」というコナカの5月の既存店売上高は、前年同月比5%増。最大手の青山商事やAOKI、はるやま商事をはじめ、紳士服専門店大手はおおむね堅調だ。

6月以降もこの勢いは止まらない。青山商事やAOKIでは、シャツとスラックスなど、関連商品の販売金額が前年比3割増ペースを維持。前年比目標も軽く上回っている。2005年に提唱された「クールビズ」では、1~2割程度の増加だったことを考えても、スーパークールビズの効果は予想外に大きい。

夏の赤字削減に効果

紳士服専門店が健闘している要因は、カジュアルに走りすぎず、あくまでビジネス向けにこだわったこと。“クールビズ初心者”にも受け入れられやすい商品設計になっている点などが挙げられる。

たとえば、スーパークールビズ用に投入された、ポロシャツ。ネクタイを締められるようにボタンダウンにしたほか、襟を立たせるために土台となる台襟を縫い入れた。カジュアルに偏らない、程よい工夫が凝らされている。また吸水速乾の機能性肌着にも一工夫。ワイシャツの二つ目のボタンを開けても肌着がのぞかない、首周りの深い商品をそろえている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。