ファナック--情報を開示しない“優良”企業

ファナック--情報を開示しない“優良”企業

なぜ、上場会社は業績等の情報を公開しなければならないのでしょうか。それは広く一般に株主を募っているからです。会社の情報を公開したくなければ、未上場会社のままでいればいいだけのこと。

単独決算主体から子会社も含む連結決算優先への開示基準の移行、セグメント情報や四半期決算の開示義務化など、株式を上場している会社の情報はバブル崩壊後、格段に増えました。いま、多くの会社が独立したIR(投資家向け広報)部門を設け、情報開示に力を入れています。

しかし、例外はつきもの。たとえば、「会社四季報」の最新号(3集)で「全媒体平等対応理由に個別取材不可のうえ、11年3月期決算説明会中止。(後略)」と書かざるをえない会社がありました。工作機械用NC(数値制御)装置で世界首位のファナックです。

業績は今期最終利益が過去最高を更新(四季報予想)、財務も前期末総資産1兆円余の半分以上が現預金と超優良。当然、市場でも人気の銘柄で時価総額ランキングではトップ10級です。

業績がよければ株価はついてくると考えたのか、開示姿勢は世の中と逆行してきました。決算の個別取材を受けず、最低限の会社説明会も開きません。日本語のホームページも閉鎖してしまいました。まさに、知らしむべからず。

「頂門の一針」という言葉があります。足元の業績が良くても、小さなところからほころびが出てくるのは、歴史の常です。
(「会社四季報」編集部 写真は稲葉善治社長)


◆ファナックの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


※この記事は朝日新聞毎週月曜夕刊掲載の「東洋経済の眼」を東洋経済オンラインの読者向けに再編集したものです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT