ディー・エヌ・エーがゲームソフトのレベルファイブと包括業務提携、レイトン教授をモバゲーで展開

印刷
A
A
ディー・エヌ・エーがゲームソフトのレベルファイブと包括業務提携、レイトン教授をモバゲーで展開

ソーシャルゲーム運営大手のディー・エヌ・エーは、21日、ゲームソフト中堅のレベルファイブ(本社・福岡市)と包括的な業務提携を結んだと発表した。レベルファイブは自社の複数のタイトルをディー・エヌ・エーが運営するモバゲーに供給、ディー・エヌ・エーはタイトルのソーシャルゲーム対応と運用に全面的に協力する。

従来型の携帯電話でのソーシャルゲーム化に加えて、ブラウザ版・アプリ版のスマートフォン対応、さらにスマートフォンによる世界展開も目指す。

ディ・エヌ・エーの守安功・次期社長は、「モバゲーは月間100億円のアイテムが売り上げられる市場になったが、それでも今までのやり方ではゲームのジャンルに限界がある。レベルファイブさんのゲーム会社としての高いクリエイティビティを生かし、さらにゲーム性が発揮できるスマートフォンで新しい市場を開拓したい」と語った。

また、レベルファイブの日野晃博社長は「ソーシャルゲームは、ゲーム会社にとって非常に大きなインパクトと認識している。ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エーさんと互いに強いものを持ち寄って大きな結果を出したい」とし、モバゲー以外のプラットフォームにゲームを提供しない方針を示した。

提携の第一弾として、レベルファイブの看板タイトル「レイトン教授」をソーシャルゲーム化した「レイトン教授ロワイヤル」を今秋に従来携帯向けに投入する。利用者は刑事や犯人の役割をしながら推理を楽しむロールプレイングゲームで、推理のヒントなどをアイテムとして販売する。

今回の包括提携は業務提携で、資本提携はしない。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT