日産自動車と三菱自動車が軽自動車で合弁設立、2社でシェア20%を目指す


 eKワゴンの開発費は両社で折半する見込み。三菱自動車側は、開発費の圧縮と販売会社への新モデル供給を、日産側は軽の商品ラインナップを増やすことで国内のシェアアップを狙う。

新会社のNMKVは社員数約35人のうち、半数以上は三菱出身が占める。NMKVで新型eKワゴンの開発やコンセプトを取りまとめ、実際の生産は三菱の水島製作所(岡山)で行う。部品調達やデザインは3社ですり合わせる。

会見した遠藤氏は「自動車メーカーがジョイントベンチャーで自動車を生産するのは日本初の取り組み。ぜひ成功させたい」と意気込みを見せた。
(松浦 大 =東洋経済オンライン)

◆日産自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


◆三菱自動車工業の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。