日産自動車と三菱自動車が軽自動車で合弁設立、2社でシェア20%を目指す

日産自動車と三菱自動車が軽自動車で合弁設立、2社でシェア20%を目指す

日産自動車と三菱自動車は20日、軽自動車に関する合弁企業の概要を発表した。合弁会社の社名は「NMKV」。設立は6月1日付け。日産自動車と三菱自動車が50%ずつ折半出資する。最高経営責任者(CEO)には日産出身の遠藤淳一氏(写真左)、最高執行責任者(COO)には三菱出身の栗原信一氏(右)が就任する。なお、NMKVはNissan Mitsubishi Kei Vehicleの略称だ。

合弁設立を決めたのは10年12月。その際に発表されたとおり、三菱自動車が軽自動車の設計や生産を、日産が部品調達を主に担当するなど、それぞれの強みを生かした自動車づくりをする。三菱から日産に供給しているeKワゴン(日産名オッティ)の新モデルを共同開発する。

両社の業務提携は5年以上前にさかのぼる。eKワゴンは三菱が01年10月に発表、05年1月から日産にOEM供給を開始し、06年9月にフルモデルチェンジをした。NMKVで13年に発売予定の新型eKワゴンはその3代目に当たり、新型プラットフォームとエンジンを採用、燃費は1リッター当たり30キロメートル以上を目指す。

2010年度の軽自動車の総国内販売台数は162万8788台。このうち、ダイハツが56万8431台、スズキが52万0731と2社で6割以上を占める。一方で日産は14万1487台、三菱が10万4179台と、両社合わせて15%の低シェアにあえいでいた。2社の合弁で軽自動車事業を立ち上げることで、商品開発力を強化し、シェアを20%まで引き上げる計画だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT