「お受験を制する子」がクリスマスからしている事 年末年始に目白押しの行事が実はとても重要

拡大
縮小
親子
来年秋の幼稚園、小学校受験を考えている家族はクリスマスに海外旅行をしている場合ではない?(写真:pearlinheart/PIXTA)

「年が明けたら」「春頃から……」とお受験対策をお考えのお父さんお母さんには耳が痛いお話となるかもしれません。2024年秋にお子さんの幼稚園受験、小学校受験をお考えの方のほとんどが、正直に申し上げて認識が甘い!のです。本稿では、東京でお受験教室を主宰する著者が、お受験を始めるのに適切な時期を紹介します。

戦いは1年前から始まっている

みなさんはお受験準備のスタートはいつからとお考えでしょうか? 「区切りのよい年始である1月」や「新しい年度を迎える3月か4月」と思いこまれている方が大勢いらっしゃるようです。確かに、その時期は希望にあふれ、やる気もアップされる時期でしょう。

ただし、お勉強の塾や体操教室、リトミック教室など、ほとんどのお受験向けの幼児教室は「11月始まり」が常識となっています。そう、その秋のお受験が終わったお子さんたちと入れ替わりに翌年にお試験を受ける子たちが入室するというサイクルなのです。

こうした内情がわかっているご家族ですと、前年の夏ごろから動き始め、11月には余裕をもって、お子さんのお行儀、マナーや説明力の指導、親御さんには願書作成、両親面接向けの立ち居振る舞い、マナー、質疑応答のノウハウを含めたトータルでのお受験対策をスタートさせています。

お受験準備を遅くとも前年11月には始めたほうがいい理由は2つあります。

幼稚園受験、小学校受験共に、志望の幼稚園や学校で求められるのが、日本の年間行事をご家族でどのように捉え、どのように過ごしてきたか?ということです 。ペーパー試験にももちろん出題されますし、子どもへの口頭試問や親子面接、両親面接でも質問されることは大いに想定されるからです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT