「フィリピン留学」コロナ禍から復活を遂げた現在 日本の学校も「マクタン島やボホール島」に進出

拡大
縮小
Cebu International Academyのキャンパス(筆者撮影)
この記事の画像を見る(6枚)

ようやく自由に海外に渡航できるようになり、留学業界に活気が戻ってきています。

2023年に実施されたオーストラリアやニュージーランド、カナダの大使館主催の留学フェアの会場には、これから留学をしようとする学生や保護者であふれかえっていました。

岸田政権も「未来を創造する若者の留学促進イニシアティブ」の中で、日本人学生の派遣者数を2033年までに50万人(コロナ前22.2万人)にするという計画を打ち出しています。これから官民一体となって盛り上げていこうという機運が高まってきているのですが、これらは海外の初等中等教育機関や高等教育機関への留学が念頭におかれた奨学金や学習支援がメインとなります。

フィリピン・セブ島への留学が奇跡的に復活

一方で、日本ならではの留学事情として、学生・社会人ともに大学ではなく語学学校へ留学する人が多いのも特徴の一つです。この要因として、非英語圏の中でも英語力が低いというのが挙げられます(EF EPI英語能力指数<2023年版>によると日本の順位は113カ国・地域中87位)。

海外の語学学校の中でもフィリピンは日本からも比較的アクセスが良く、リーズナブルに英語学習ができるデスティネーション(旅行先)として近年渡航者が増加傾向にありました。

次ページコロナ禍でほとんどの語学学校が閉校する事態に
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT