WiiUは、一家に一台・家族全員が遊ぶデバイス、ソフト会社との連携も強化--岩田聡・任天堂社長


 ただ、アメリカでWiiを使ってくださっているお客さん(保有台数ではなくWiiで遊んでいる人の数)は1億1000万人くらいいるわけです。それは家族の参加率が非常に高いということを表している。それでもまだチャンスがある。
 
 Wiiで巻き込めなかった、Wiiで説得できなかった人がいます。「Wii Sports」や「Wii Fit」でゲームの敷居を下げることはできましたが、それでも絶対じゃないんです。

家の中にいつもWii Uがあってゲームにそれほど興味のなかった人が使ってくださったら、ゲームの存在意義が変わってきて最終的にゲームで遊んでくれる人が増えるんじゃないか。だからあえて、家の中でしか使えない機械にしたといってもいいですね。
 
 「Wii Uのある家庭の人は全員Wii Uを使ったことがある」という状況にしたい。これは野望です。これが実現できれば数はけっこういくと思います。

--「Wii U」と「3DS」の連動についてどう考えているか。

まだ、連動の中身をお話できる段階にはありません。

ただ、3DSという持ち歩くデバイスは、特別な意識をしなくても人と人との交流を生むことができるデバイスです。

自宅にあるWii Uはできればインターネットにつないでほしいんだけれども、つながない人もいるでしょう。Wii Uを持っている人が3DSを持ち歩いて帰ってくると、3DSが外で受けた情報をWii Uに渡すことができ、何か変化を起こすことができるだろうとうことで、今社内で議論しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。