トヨタ「プリウス」EV停滞の中で生まれた開拓者 時代に先駆けてハイブリッド車を量産した功績

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小
1997年12月10日、「ハーモニクス ビークル」をテーマに21世紀を先取りした革新的ハイブリッド乗用車として誕生した初代プリウス
1997年12月10日、「ハーモニアス ビークル」をテーマに21世紀を先取りした革新的ハイブリッド乗用車として誕生した初代プリウス(写真:トヨタ自動車)
20~30年以上経った今でも語り継がれるクルマが、続々と自動車メーカーから投入された1990年代。その頃の熱気をつくったクルマたちがそれぞれ生まれた歴史や今に何を残したかの意味を「東洋経済オンライン自動車最前線」の書き手たちが連ねていく。

トヨタが1997年12月に発売したハイブリッド車(HV)の「プリウス」は、世界に衝撃を与えたといっていい。

トヨタは、多くの人に、可もなく不可もなく、80点主義のクルマづくりをする自動車メーカーという印象を持たれがちだ。しかしプリウスは、そうしたトヨタが、世界初の価値を、多くの消費者が買える価格で市販することをやってのけたのだ。

この記事の画像を見る(17枚)

気候変動対策に迫られた90年代の時代背景

地球温暖化という言葉は、1980年代から次第に話題にのぼるようになった。しかし、温室効果ガスによる気候変動を世界的な課題として対処しようとする機運は、1992年の国連総会で「国連気候変動枠組条約」が採択され、一躍人々に意識されるようになる。

それ以前、1990年にアメリカ・カリフォルニア州ではZEV(ゼロ・エミッション・ヴィークル)法が施行された。これは、今日では気候変動対策として認識されているが、本来は、カリフォルニア州の大気汚染を抑止する目的であった。1970年に、カリフォルニア州でマスキー法案が提出され、世界的にエンジン車の排出ガス規制が実施されるきっかけとなるが、それもカリフォルニア州の大気汚染を改善することを目的としていた。そのうえで、1990年のZEV法は、大気汚染を抑止しながら、排出ガスゼロによって気候変動にも効果をもたらす象徴的な規制となったのである。カリフォルニア州以外の州でも、次第に適用が広がることになる。

次ページEV開発が停滞する中で生まれたプリウス
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT