カルビー、ポテトチップス「食感だけで10種」の裏側 北海道で見た、独自開発品種「ぽろしり」も凄かった

拡大
縮小
カットの方法によっても食感がかなり違うポテトチップス。そのこだわりの現在を追いました。写真左から「ギザギザ」「ポテトチップス」「ポテトデラックス」(写真:筆者撮影)
この記事の画像を見る(9枚)

ポテトチップスのバリエーション拡大が止まらない。スナックコーナーの陳列棚をちょっと観察してみれば、ひと昔前と様変わりしていることに驚く。

カルビー、湖池屋などの大手はもちろんのこと、コンビニやスーパーのプライベートブランドも増え、地域限定商品まで含めれば途方もない数だ。ジャガイモを薄く切ったスライスタイプだけを見てみても、フレーバー、厚さ、形、産地に品種。消費者からすると違いがよく判別できないほどの百花繚乱状態になっている。

事実、ポテトチップスはただ種類が増えているだけではなく、市場自体も拡大している。2022年のポテトチップス(スライスタイプ)の出荷実績は、9万2850トン、1132億円。この10年間でそれぞれ112%、122%増と成長し続けているのだ(日本スナック・シリアルフーズ協会調べ)。

たかがポテトチップス、されどポテトチップス。フレーバーの多様化にばかりついつい目が行きがちだが、やはりポテトチップスは原料であるジャガイモこそが命。この部分の最新事情を調べに、まずはカルビー本社に向かった。

味付け以前のこだわりはどこにある?

ジャガイモは、ほぼ水とでんぷんだけでできている。それをスライスして揚げてしまったら、フレーバー以外で差をつけるのは難しいはずだ。

厚さや形の違いは、いったいどれだけ消費者にとっての“価値”に結びついているのだろう。メーカー都合で、ただ目先を変えているだけだったりはしないのだろうか、という疑念すら持ってしまう。

次ページカルビーではポテトチップスだけでも約10種類の形状が
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT