海外セレブも愛用!ランドセルの意外な魅力

外国人記者が見た不思議の国ニッポン

一般的にランドセルを販売しているのは、デパートやチェーンの大型スーパー、専門店などで、特に新年度が始まる前の春先に多く販売される。伝統的に女子は赤、男子は黒のランドセルを持つ。

この古典的な色分けは今でも存在するが、ランドセルは今や虹色の世界となっており、女子はピンクやスカイブルー、男子はネイビーや茶色を選ぶ傾向にある。数十年前には、赤と黒以外を選ぶのは不適切だと思われていた。だが時代は変わり、子供たちのランドセルはユニークなデザインや柄のついたカバーなどで彩られるようになった。

InstagramやPinterestにランドセルの写真を載せる外国人も

ズーイーがニューヨークで真っ赤なランドセルを背負っている姿を目撃されるよりずっと前、日本の少女たちはフリルのついたスカートとランドセルを絶妙に組み合わせて、原宿の通りを歩いていた。

自然な流れとして、日本の流行はすぐに海を渡ることになり、ランドセルは今や「Pinterest」や「Instagram」の世界で定番となった。

海外セレブは定番色がお気に入り

旅行者の間でもランドセルは人気で、セレブやモデルたちは定番の赤や黒を好む傾向にあるが、子どもたち(あるいは親たち?)はこぞって明るい色やコントラストのある縫い取り、名前の刺繍やきらきらのアップリケ、波形仕上げの縁、ラインストーン、キャラクターモノやツートーンのモデルなどに熱を上げている。

『ナイキ』や『プーマ』といったブランドはオリジナルのスポーツバージョンを生産しており、『バービー』は、容易に想像がつくとは思うが、彼女自身のホットピンクコレクションがあるほどだ(『eBay』にて各10万円前後で購入可能)。

ランドセルがファッションアイテムとして流行するというのは面白いトレンドだ。大半の日本人にとっては、海外のセレブがランドセルを背負っている現象は不思議かもしれない。これが日本でファッショントレンドとして受け入れられるかはわからないが、渋谷では自分仕様に「カスタム」したランドセルを使っている若い人を見掛けることもある。海外からの旅行者にとっても、クラッシックな赤や黒のランドセルはいいお土産になるだろう。

ただ、小学生が背負うにはがっしりとして見えることが多いランドセルだが、トレンドセッターの大人が背負うと明らかにちっぽけに見えると言わざるをえない。だが、小柄なズーイーにはこれくらいでちょうどいいのかも……。

(執筆:Vivian Morelli、Time Out Tokyo)

Time Out Tokyo関連記事
原宿でしかできない50のこと
原宿界隈でロリィタになってみた
東京、外国人からみた就職活動

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。