海外セレブも愛用!ランドセルの意外な魅力 外国人記者が見た不思議の国ニッポン

拡大
縮小
ハリウッド女優で歌手でもあるズーイー・デシャネルがランドセルを愛用してることは世界で一気に話題になった(Splash/アフロ)
円安などの影響で日本への観光客が増えているほか、世界的にも日本の食やカルチャーへの関心が高まっている。日本人にとって「当たり前」の文化や生活習慣、流行はときに、外国人によって別のトレンドに生まれ変わる。今の日本は外国人からどのように映るのか。英ロンドン発のシティガイド「Time Out Tokyo」の外国人記者がレポートする。

セレブたちの背中を彩る最新のトレンドの発祥となったのは、ファッションショーのステージではなく日本の小学校だ。そう、どこにでもあるランドセルが、今や小学校を卒業した人々にとっての憧れのアイテムなのである。

ランドセルは本来、重い教科書を持ち運ぶために子どもたちが背負う実用品だが、今ではどうやらファッション通にとってのマストアイテムとなっているらしい。ハリウッド女優・歌手であるズーイー・デシャネルが赤いランドセルを愛用しているだけでなく、ファッションに敏感な外国人男性が背負っている姿もファッションブログなどで見かけられる。一体どうやって、この典型的な日本の”アクセサリー”は学校からファッションブログへの道を辿ったのだろうか。

元は兵士たちが使っていたナップザック

実用的なナップザックは、19世紀中頃には日本に存在していた。兵士たちが、オランダ語で「ランセル」という輸入もののリュックサックを使い始めたのである。

当記事はTime Out Tokyoの提供記事です

その後、数十年の年月とカタカナ語としての定着を経て、同バッグは日本の都市や田舎の子どもたちが学校用品を持ち運ぶのに使われるようになった。教育システムや公立学校から義務付けられていたわけではないものの、生徒たちはランドセルの使用を奨励され、その伝統が現在まで続いているというわけだ。

この角形のバックパックは3万円から12万円とかなり高額ではあるものの、それにはしっかりとした理由がある。それは非常に頑丈であるというだけでなく、小学校6年間通しての使用が前提になっているのだ。たいていの場合、祖父母はこの必需品に喜んで財布を出す。これは子どもたちの教育課程の最初の一区間を通じて使えるように作られているのだ。

このがっしりとしたバッグは約3kgの本、書類、雑貨などを持ち運べるだけの頑丈さを持っている(日本の小さな子どもたちが重さのバランスを取ろうとしてよたよたしているのを、見かけたことがあるのではないだろうか)。比較的安価なものなら頑丈で防水機能付きの人工皮革製、さらにいくらか積めば、皇室御用達といったような手作りの高級本革製のものが手に入る。

次ページ外国人をインスパイアしたのは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT