東大生と芸人考案「離島の小学校で授業」その狙い 都市部と地方の教育格差是正もアプローチ

拡大
縮小
吉本興業 東大
フルーツポンチ・村上の俳句の授業の様子。エルフ・荒川もサポート(写真:吉本興業提供)

東京大学では、学生の豊かな人間性の形成や、社会で生きる力を養うことを目的に、日常の生活とは異なるさまざまな価値観や文化に触れる体験型教育活動「東京大学体験活動プログラム」を実施している。そんな東大と吉本興業は2021年3月より「知」と「エンターテインメント」をかけ合わせた「笑う東大、学ぶ吉本プロジェクト」をスタートさせた。

その取り組みの中から生まれたのが10月末に実施された「芸人×東大生 特別授業 in 周防大島」だ。東大生の頭脳に、芸人のコミュニケーション力やエネルギッシュな発信力をかけ合わせた「笑って学べるオリジナル授業」のカリキュラムを、両者が力を合わせて作成した。

5教科5時限の授業を実施

授業が行われたのは、山口県の瀬戸内海に浮かぶ周防大島町。周防大島町にある、8つの小学校から33人の6年生が東和小学校に集まった。先生として教壇に立ったのは7人の芸人と東大生6人で、授業は2クラスに分かれて実施された。芸人はそれぞれの得意分野を活かした科目を担当し、東大生との協業で5教科5時限の1日のカリキュラムを考案した。

たとえば、芸能界屈指の動物好きのココリコ・田中直樹は理科を担当。子どもたちに「生まれ変わったらなりたい生き物」をテーマとして投げかけ、地球環境問題と絡めて考えさせた。城マニアで知られるロバート・山本博は社会を担当。東大生をMCにしたコーナー仕立てのクイズ番組形式の授業で、子どもたちを楽しませながら、日本史と周防大島町の歴史について話し合った。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT