日本人俳優の海外ドラマ「初進出」が相次ぐ背景 キムタク出演パニックSFドラマがカンヌで快挙

✎ 1〜 ✎ 104 ✎ 105 ✎ 106 ✎ 最新
拡大
縮小
Huluオリジナルドラマ「THE SWARM」出演の木村拓哉をはじめ、大型予算の海外ドラマデビューを果たす日本人俳優がここにきて続出している(C)Hulu Japan
この記事の画像を見る(6枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。
本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

第3話から登場する、主要キャストのキムタク

ファン層の厚い日本人俳優が海外ドラマに初進出するケースが相次いでいます。しかも、各国で組んだ大型予算のものばかり。

10月16~19日、フランスのカンヌで開催された世界最大級の国際コンテンツ見本市「MIPCOMカンヌ2023」では、木村拓哉出演作ドラマ「THE SWARM(ザ・スウォーム)」が受賞実績を作り、また中島健人(Sexy Zone)出演ドラマ「Concordia(コンコルディア)」の大規模なワールドプレミア上映も行われました。いずれも海外俳優と肩を並べて、ほぼ英語で演じる作品です。なぜここにきて、こうした動きが増えているのでしょうか。それには実は理由があります。

全8話独占配信中のHuluオリジナルドラマ「THE SWARM」は多国籍の俳優陣とともに日本人役として木村拓哉(前列・右)と平岳大(後列・右から2番目)が出演する。先日開催されたMIPCOMカンヌ2023のTBI主催アワードで受賞する快挙を果たした(C)Hulu Japan

「THE SWARM」のケースから見ていくと、木村拓哉が海外ドラマデビューを果たしただけに終わらず、作品として十分な成果を上げていることがわかります。

ドイツのベストセラー小説「深海のYrr」を原作にしたいわゆるパニックもので、人間を襲うクジラに、謎の感染症を蔓延させるロブスター、大量発生するカニや貝など世界中の海で突如巻き起こる不可解な現象の不気味に釣られて、まずは見進めていくことができます。

次ページ水中スタジオで撮影された映像美も見どころ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT