「SHOGUN 将軍」真田広之が「ようやく」と語る事情 「ラスト サムライ」出演以降、秘めていた思い

拡大
縮小
真田広之
ニューヨークで開催された特別イベントでインタビューに応じる真田広之(筆者撮影)

「俳優としては、限界を感じていたところ、初めてプロデューサーという話があり、チャレンジングでもあった。でも、ようやく日本から時代劇の経験のあるクルーを呼んで、撮影できた。そして、それをハリウッドが認めてくれたというのは、大きなステップになる」

俳優・真田広之主演・プロデュースの戦国スぺクタクルドラマ「SHOGUN将軍」(10話)の配信が、2月27日から始まった。25日に開かれたニューヨークのジャパン・ソサエティーでの特別イベントに登場した真田は、日米の製作陣が初めて手に手を取り合って完成した作品についてこう語った。

「世界の、いや日本のサムライドラマさえも変えていきたい」。日本ではディズニープラスで配信されている。

「ラスト サムライ」で視聴者が抱いた疑問

真田さんが「ようやく」と言うのには、意味がある。真田は2003年、映画『ラスト サムライ』でハリウッドに進出して、トム・クルーズらと共演した。大ヒットとなったが、所作や着付けの仕方などハリウッドの日本の描き方は、多くの日本人が疑問を持った。

以来、世界に影響を及ぼすハリウッド製であっても、日本の文化や精神を正確に伝える「本物の(authentic)サムライ作品」を目指していたという。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT