未曾有の危機に立ち向かう再生可能エネルギーの未来《1》将来有望な太陽光、風力、地熱エネルギー

未曾有の危機に立ち向かう再生可能エネルギーの未来《1》将来有望な太陽光、風力、地熱エネルギー

藤津朋子 イースクエア コンサルティンググループ マネジャー

 これまで、われわれはどれだけエネルギーに関心を持っていただろうか。筆者自身、環境の仕事をしていながら毎日使うパソコンや携帯電話のエネルギーが実は福島から来ていた、など考えたこともなかった。エネルギーは「いつも使えて当たり前」のものだった。

しかし、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故は、食料、水、空気、そしてエネルギーといったわれわれの生活を支える「当たり前」のものの安全性・信頼性を揺るがし、これまでの常識は大きく変わった。

たとえばエネルギーでは石油の代替として積極的に推進されてきた原子力発電は今後、見直しの議論が加速するだろう。

すでに世界では、新興国の経済発展による石油の需要増や、中東など特定地域へのエネルギー依存、さらにCO2排出増に伴う地球温暖化問題をはじめエネルギーは大きな問題として考えられている。この解決策の1つとして太陽光、風力、地熱といった再生可能エネルギー(表参照)が将来有望なエネルギーとして注目され、さまざまな投資が行われて拡大を続けている。


(出所)NEDO「新エネルギーガイドブック2008」、エネルギー環境教育情報センターより作成

ただ、日本ではこうした再生可能エネルギーの活用は十分に進んでいるとはいえない。
 だが、原子力の将来の利用が不透明になった現在、再生可能エネルギーは不可欠であるとともに、大きなビジネスチャンスにもなりうる。

この連載では、日本全体のエネルギー戦略の方向性と、民間の力を生かす再生可能エネルギー(表の赤枠内が主な対象)拡大に向けた現実的な道筋を検討していきたい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT