DRAM価格、高値安定から下落が始まった理由

パソコン、スマホ向け半導体メモリに異変

ただ足元では、DRAMの需要を牽引してきたスマホ市場が変調を来し始めている。アップルのiPhoneは好調を維持しているものの、中国経済の減速やサムスンのギャラクシーの販売不振などにより、全体の市場拡大ペースが鈍化しているのだ。

また、需要の急拡大を受けたDRAMメーカー各社の増産投資もあり、需給面での逼迫感が和らいでいる。つれて価格のほうも2014年末ごろから反落し始めた。

次世代製品が価格押し上げも

しかし、商品サイクルの短い半導体業界では、DDR3の次世代製品であるDDR4の普及が進みつつある。DDR3に比べてデータ転送速度が倍増し、サーバー用途ではすでに採用が拡大。今後はスマホ向けの採用が本格的に拡大しそうだ。

調査会社IHSグローバルの南川明主席アナリストは、「現時点でDDR4のスマホ向けの採用は、一部の上位機種に限られている。しかし、年末の新製品からは、ボリュームゾーンとなる中位機種でも採用が増えてくるだろう」と予測する。

サーバー向けでは、DDR4はDDR3より約10%単価が高くなっている。スマホ向けでもDDR4の採用が増えてくれば、DRAM全体としては、単価が持ち直す可能性がある。

「週刊東洋経済」2015年5月30日号<25日発売>「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。