日テレ「ZIP!」の仕掛け人が挑むHuluの奇策

ネット時代にテレビ局が果たす役割とは?

スマホやタブレットなど、いろいろな端末で場所と時を選ばず動画コンテンツを見られるように進化した以上、テレビ番組のタイムテーブルも対応していかなければならないのは確か。ただ、放送局としては、ドラマ、バラエティ、ニュース、情報番組がバランスよく編成されるべきで、番組すべてを生放送にすればいいわけでもない。

「テレビという受像機中心の考え方から、コンテンツを中心とした考え方に移行していかなければならないのではないか、と考えている。ドラマのようなストック型のコンテンツと、ニュースや情報番組、スポーツなどフロー型のコンテンツというように、これまでの視点とは異なる分け方で考える必要がある」

ストック型コンテンツを有効活用

画像を拡大
ストック型のコンテンツで、どれだけ番組の魅力を伝えられるかが試される(撮影:引地信彦)

ストック型のコンテンツは、新作を一度楽しむだけではなく、10年前の旧作を懐かしいと思ってもう一度見たり、放送当時は見過ごしていた作品を数年後視聴したりする。バラエティ番組の視聴もストック型に近い。一方、フロー型のコンテンツは、今、この場で見たいというニーズが強く、生放送での視聴が最も価値が高くなるようなものを指す。

「現代の若い人たちは忙しいので、どんな番組が放送されているのか、面白いと思う番組があったとしても知らない間に終わっているのだと思う。一度世の中に送り出されてしまうと、二度と手に入らないのが放送のよさであり、悲しいところ。どんなに面白い番組を作っても、放送の中だけでは気づいてもらえない」

そこでストック型のコンテンツは、ネット配信を通じてスマホやタブレットでも視聴する機会を増やし、面白さに気づいてもらう。放送局が作ったコンテンツをいち早く楽しめるのは地上波放送だから、見たいと思った視聴者はネットから放送に戻ってきてくれる、と三枝は見る。視聴者をネットから地上波に還すというサイクルを作り出すこと。これが、放送局である日テレがHulu事業に乗り出した一番の理由なのかもしれない。

(敬称略)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング