コーヒービーン&ティーリーフが日本降臨!

銀だこ社長がホレた「老舗カフェ」の実力

5月26日、米国の老舗カフェの日本第一号店が東京・日本橋にオープンする

1963年に米国ロサンゼルスで創業、現在では世界25カ国で982店舗を展開するカフェブランド「コーヒービーン&ティーリーフ」が、日本に初上陸。5月26日に東京日本橋の東京建物日本橋ビル1階にオープンする。

ブランド名からも分かる通り、コーヒーと紅茶の双方を揃えている点に特徴がある。その両方を本格的に淹れて提供する、老舗のスペシャルティカフェだ。

日本における運営を担うのは、ホットランドとイオンモールの合弁会社であるL.A.Style。今回のカフェ事業のために2014年6月に設立された。ホットランドは、たこ焼きチェーン「銀だこ」のほか、たい焼き屋や居酒屋など全6業態を展開する企業である。

老舗のカフェが日本に、というキーワードから自然と思い起こされるのが、この3月に青山に2号店をオープンし、近く代官山、と次々に店舗を増やしつつある、同じく米国発のブルーボトルコーヒーだろう。だが今回、コーヒービーン&ティーリーフのオープンがこのタイミングなのは、ブルーボトルの日本展開とは無関係のようだ。

約10年前に惚れこんだ

ホットランドの佐瀬守男社長

なぜならば、ホットランドの佐瀬守男社長が同ブランドの日本での展開を夢想し始めたのが、約10年前だからだ。22日午前に行われた内覧会で、佐瀬社長に話を聞いた。

「たまたまカリフォルニアを訪れたときに『シングルオリジン』を飲んで感動したのがそもそもの始まりです。行くたびに、毎回違う豆で淹れてくれること、また『今日は紅茶どう?』『味はどうだった?』など、スタッフとコミュニケーションを楽しめるのも、新鮮でした」(佐瀬社長)。

その日ごとにおすすめの豆で提供する「本日のコーヒー」や、スタッフとのフランクなコミュニケーションは、こうしたカフェでは定番であり、珍しくないかもしれない。しかし、佐瀬社長が現地で感動し、これから日本で目指そうとしているのは、さらにもっと細やかなこだわりのようだ。

次ページおいしさはバリスタに掛かっている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT