コーヒービーン&ティーリーフが日本降臨!

銀だこ社長がホレた「老舗カフェ」の実力

「いかにおいしく味わってもらうかは、バリスタの裁量にかかっているのです。日替わりなだけでなく、午前と午後で豆を換えたり、気温などによってブレンドの配合を変えることもあります」(佐瀬社長)。

ドリンクのメニューは、シングルオリジン(全10種を日替わりで提供)、ブレンド、エスプレッソ、紅茶、ティーラテなど。そのうちホットティーについては15種の茶葉が用意されている。抹茶カプチーノなど、日本オリジナルの商品もある。これからの季節は、コーヒービーンが業界で初めて開発したというフローズンドリンク、「アイスブレンディッド」(モカ、アルティメット バニラほか全4種・460円〜)が好まれそうだ。

またフードもキッシュ、サンドイッチ、マフィン、スイーツ系など26品と、カフェにしては多め。佐瀬さんが「日本で売れる味」を徹底的に吟味して調整したものを揃えている。

店内には小さな厨房を設置

フローズンコーヒー飲料を最初に製品化したのはコーヒービーン&ティーリーフ。写真は「モカ アイスブレンディッド」レギュラーサイズ460円・ラージ550円

さらに店内には小さな厨房を備えつけ、オーブンで温めて提供するのも、「食べ物屋としてのこだわり」(佐瀬社長)だという。キッシュはもちろんのこと、チョコ系のマフィンやクッキーも温めるのがおすすめだという。中に含まれているチョコがとけるので、そのまま食べるのとはまた異なる食感が楽しめるのだ。

全3種類のキッシュは各430円と少し高めだが、直径10cmほどの円形で食べ応えがあり、ランチにもなる。とろけるようなパルメジャーノレジャーノ、きのこやカニ(鳥取県境港産ズワイガニ)など、具材の味わいがしっかり感じられる。

第1号店を日本橋にしたのは、なぜなのだろうか。佐瀬社長は「ビジネスゾーンでもあり、外国人観光客も含めさまざまな人が集まるから」と説明する。そして2号店としては5月30日、埼玉県越谷市レイクタウン内でのオープンが決まっている。

「年内にあと6店舗、今後5年のうちに100店舗というイメージで計画しています。フラッグシップ店である日本橋店は路面店で、『洗練された大人の店』をコンセプトにしていますが、今後の展開についてはターゲットによって、路面かモール内か、内装はどうするかなどを変えていきたいと考えています」(佐瀬社長)。

次ページ4年前に提携交渉
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。